•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    ヒカリ姫は若くして結婚したがすぐに離婚し、実質的に女手一つで娘を育てている。数年後、この娘は彼氏を家に連れてきましたが、自分の性的欲求について思い出し始め、それが娘の彼氏だったということも忘れていました。